• Naoto

【Advanced/Review】今月読んだ漫画/2020年4月『同じ月を見ている』『罪と罰』『大日本天狗党絵詞』『遥かな町へ』

最終更新: 2020年8月9日


Trial reading 同じ月を見ている(click 試し読み to read)

Trial reading 罪と罰(click 無料試し読み to read)

Trial reading 大日本天狗党絵詞(click 試し読みする to read)

Trial reading 遥かな町へ(click 試し読み to read)


There are English translations of the underlined words below.


みなさんこんにちはNaoto(尚人)です。

最近ワンパンマンがハリウッド実写化されるというニュースがあったので、

どんなワンパンマンが見れるかめちゃめちゃ楽しみにしています。

その時は僕もまたワンパンマンの動画を作ろうと思います。

今回は僕が4月に読んだマンガを紹介したいと思います。

みなさんも下のリンク先で見ることができますので ぜひ見てみてください。


一つ目は「同じ月を見ている」です。

これは土田世紀さんが書いた漫画で、1999年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をとっています。

文化庁メディア芸術祭のサイトを見ていた時にこの漫画を見つけて、表紙惹かれて読んでみようと思いました。

2005年には実写映画化もされています。

奇跡的なまでにピュアな心の持ち主「ドンちゃん」とその周りの人々を描くヒューマンドラマ的なストーリーです。

「(闇金)ウシジマくん」に出てきためちゃめちゃピュアなキャラクター「竹本」を思い出しました。

そしてウシジマくんと同じく中盤からはヤクザ漫画っぽい側面も出てきます。

ドンのピュアさを見せることによって人間の醜い部分と社会の残酷さ浮き彫りにしているような印象を受けました

自分を犠牲にして、困っている人を助け、誰も傷つけない

そんな生き方がこの漫画の中でどういう結末むかえるのか、そしてそこから何を感じ取れるのか、気になる方は是非読んでみてください。


次は手塚治虫さんの「」です。

これはドストエフスキーの小説「罪と罰」を手塚さんが漫画化した作品です。

実は僕はまだ小説の方を読んだことがないんですが、手塚治虫さんの漫画バージョンがあることを最近知ったのでこっちを先に読んでしまいました。

手塚さんの絵の中でもとてもポップな方の絵なので、キャラクターが全体的にとても可愛かったです。

いろいろなカット組み合わせて映画っぽくしているシーンやカメラを固定して舞台のように見せているシーンからは漫画の新たな可能性追求し続けている姿勢を感じました。

クライマックス暴動のシーンは「ウォーリーをさがせ!」状態になっていたので、とても見応えがありました

あとがきによるとキャラクターの役柄を変えたりしているみたいなので、ぜひオリジナルも読んでみたいと思います。


次は「大日本天狗党絵詞」です。

これは黒田硫黄さんが書いた漫画で1994年から97年まで連載されていました。

ざっくり言うと、人間に化けている天狗たちの生活と主人公の少女の葛藤成長が描かれています。

大日本天狗党絵詞はほとんど筆のみで描かれていて、トーン貼られていないです。

黒田さんの絵を見たことがない方はぜひ下のリンク先で見てほしいです。

ストーリーも予測不可能で説明もなくどんどん進んでいくので、本当に自由に書いているなあと思いながら呼んでいました。

個人的にはこの難解さと自由さは弐瓶勉さんの「バイオメガ」に匹敵すると思いました。

また黒田さんの作品全般に言えることなんですが、コマ割りアングルセリフや会話のテンポなどが、クリエイティブなおかつめちゃめちゃかっこいいです。

語彙力もすごいと思いました。

この物語の中の天狗が何を意味しているのか。終盤ではそれを考えながら読んでいたんですが、社会に順応できない人を表しているのか、天才を表しているのか、それとも革命家を表しているのかわかりませんでしたが、少なくとも僕はこの漫画からは孤高に生きることを肯定しているような印象を受けました。

よくわからなくて、自由で、めちゃめちゃかっこいい漫画を読みたい方はぜひ読んでみてください。


次は「遥かな町へ」です。

これは谷口ジローさんが描いた漫画で、これも1999年の文化庁メディア芸術祭で優秀賞をとっています。

ウィキペディアによるとヨーロッパでも高く評価されているみたいです。

48歳のおじさんが中学時代タイムスリップする話で、昭和古き良き日本を味わえます

絵がとてもうまくて細かい部分の描き込み方が凄いと思ったんですが、直線が少し無機質すぎる印象も受けてしまいました。

僕の中の昭和のイメージと谷口さんの直線がうまくマッチしなかっただけかもしれないです。

それか、「遥かな町へ」を読む前に黒田硫黄さんの筆で描かれた漫画を読んでいたので、そのせいかもしれないです。

モノローグ主人公本人によるナレーションも多用されていて、小説をそのまま漫画にしたようなスタイルは僕にとってとても新鮮でした。

物語の後半は昭和のの部分、戦争と深く関わってきて、戦争を体験した人にしかわからない複雑な気持ちが描かれています。

今月読んだ手塚さんの「罪と罰」では、すべてが歴史に飲み込まれていくような終わり方だったんですが、「遥かな町(へ)」[申し訳ございません]では、歴史に飲み込まれたキャラクターたちのその後の人生が描かれている感じです。

中学生活をポップに描きつつ重いテーマ落とし込んでいるので、海外で評価されているのも納得できる作品でした。

これからも谷口さんの他の作品を集めてみなさんに紹介していきたいと思います。


今月は「鬼滅の刃」を読まなかったので来月は読もうと思います。

この動画のスクリプトとこの動画で使われた難しい単語や文法のリストも下のリンク先で見ることができますのでぜひ見てみてください。

ではまた次回お会いしましょう。

じゃねー。


I teach Japanese there, too!⬆︎

ハリウッド Hollywood

実写(じっしゃ) live-action

~化(か)する make things into~

めちゃめちゃ totally/absolutely

動画(どうが) video

リンク先(さき) linked page

文化庁(ぶんかちょう) Agency for Cultural Affairs

芸術祭(げいじゅつさい) art festival

部門(ぶもん) department/division

優秀賞(ゆうしゅうしょう) first runner-up/outstanding performance

表紙(ひょうし) front cover

惹かれる(ひかれる) be charmed/be attracted

奇跡的(きせきてき)な miraculous

~までに(N?) to the extent that~

ピュアな pure

持ち主(もちぬし) the owner

描く(えがく) draw/paint/depict

ヒューマンドラマ drama

中盤(ちゅうばん) middle stage

っぽい(N3) -ish/-like

側面(そくめん) side/aspect

~によって(N3) by means of

醜い(みにくい) ugly

残酷(ざんこく)な cruel/brutal/merciless

浮き彫り(うきぼり)にする show clearly/bring out

印象を受ける get the impression

犠牲(ぎせい) sacrifice/victim

困る(こまる) be perplexed/be in trouble

傷つける(きずつける) injure/hurt/wound

結末(けつまつ) end/ending/conclusion

迎える(むかえる) welcome/accept/meet

感じ取る(かんじとる) perceive/sense/feel

気になる be curious/be interested

方(かた) person(polite form)

罪(つみ) crime/sin

罰(ばつ) punishment/penalty

小説(しょうせつ) novel

先(さき)に earlier/ahead/first

ポップ Pop

全体的(ぜんたいてき)に as a whole

カット cut

組み合わせる(くみあわせる) combine/put together

固定(こてい)する fix/settle

舞台(ぶたい) play/stage/performance

新たな(あらたな) new/fresh

可能性(かのうせい) possibility/potential

追求(ついきゅう)する pursue/seek

~続ける(つづける)(N4) continue to~

姿勢(しせい) attitude/stance/posture

クライマックス climax

暴動(ぼうどう) riot/uprising

ウォーリーをさがせ Where's Wally?

~応え(ごたえ)がある be worth ~ing

あとがき afterword

~によると(N3) according to~

役柄(やくがら) role/part

天狗(てんぐ) Tengu (long-nosed goblin)

党(とう) (political) party

絵詞(えことば) picture scroll

連載(れんさい)する serialize

ざっくり roughly/briefly

化ける(ばける) take the form of/disguise oneself as

葛藤(かっとう) (psychological) conflict

成長(せいちょう) growth

筆(ふで) writing brush

~のみ(N1) only/alone

トーン screen-tone

貼る/張る(はる) post/paste

予測(よそく) prediction/forecast

不可能(ふかのう)な impossible

どんどん rapidly/faster

個人的(こじんてき)には personally

難解(なんかい)な difficult/abstruse

~に匹敵(ひってき)する be equal to~

全般(ぜんぱん) whole

コマ割り(わり) panel layout

アングル angle

台詞(せりふ) quote/line

テンポ tempo/pace

クリエイティブな creative

なおかつ besides

語彙(ごい) vocabulary

意味(いみ)する mean/signify/indicate

終盤(しゅうばん) final stage[phase]

順応(じゅんのう)する adapt/conform

天才(てんさい) genius/prodigy

革命家(かくめいか) revolutionary

少なくとも(すくなくとも) at least

孤高(ここう) isolation/aloofness/superiority

肯定(こうてい)する affirm/justify

遥か(はるか)な far/faraway/distant/long ago

評価(ひょうか)する evaluate/rate

中学(ちゅうがく) middle school

時代(じだい) days/age/era

タイムスリップ time travel/time

昭和(しょうわ) Showa era/period

古き良き(ふるきよき) good old

味わう(あじわう) taste/enjoy

細かい(こまかい) subtle/small/detailed

描きこむ(えがきこむ) draw/paint

直線(ちょくせん) straight line

無機質(むきしつ)な inorganic matter/cold/inhuman

マッチする match/go well with

~(の)せい(N3) because of~

モノローグ monologue

主人公(しゅじんこう) protagonist

本人(ほんにん) himself/herself

~による someone’s~/by~

そのまま as it is/like it is

新鮮(しんせん)な fresh/new

後半(こうはん) latter half/second half

闇(やみ) darkness/dark side

関わる(かかわる) have to do with/be concerned with

飲み込む(のみこむ) swallow/gulp down

その後(ご)の subsequent/later

人生(じんせい) (human) life/one’s life

~つつ(N2) while~/ ,~ing

落とし込む(おとしこむ) put into/add/apply

テーマ theme

納得(なっとく)する understand/be convinced/agree

作品(さくひん) work

スクリプト transcript/script

Support me on Patreon!⬇︎



161回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon