• Naoto

漫画『ばるぼら』レビュー 手塚治虫/Osamu Tezuka


Trial reading (click 試し読みする to read)


There are English translations of the underlined words below.


[1]

みなさんこんにちはNaotoです。

今回はもうすぐ実写映画が公開される手塚治虫さんの漫画を紹介したいと思います。

今回紹介する漫画は「ばるぼら」です。


[2]

手塚治虫さんは漫画の神様といわれるほど凄い漫画家で、「鉄腕アトム」や「ブラックジャック」などたくさんの有名な漫画を生み出しています。

この「ばるぼら」は1973年から74年にかけて連載していました。

物語著名な小説家「美倉」と仕事もしないでブラブラしている謎の少女ばるぼらとの出会いから始まり、徐々に彼女の正体明かされていくという話です。

以前からばるぼらは読みたかったんですが、今年の11月に実写映画が公開されるみたいなのでこのタイミングで読んでみようと思いました。

あとがきによると手塚さんはオッフェンバッハのオペラ「ホフマン物語」からインスピレーションを得てこの「ばるぼら」を描き始めたみたいなので、いつかそのオペラや映画も見てみたいなと思いました。


[3]

「ばるぼら」を読んでいてまず会話の中に出てくる作家やアーティストの多さに驚かされました。

フランスの詩人ヴェルレーヌ、安部公房、カフカ、トルストイ、三島由紀夫など、全編通して20名くらいの実在する名前がでてきます。

その中でもヴェルレーヌは特別で、ばるぼらがヴェルレーヌの口ずさんでいて、それを聞いた小説家の美倉も彼の詩を口ずさむというシーンがあります。

そして「ばるぼら」が連載していた年に実際に出版された安部公房の「箱男」も会話の中に出てくるんですが、その本について美倉が解説しているシーンがあり、リアルタイムに読んでいたらめちゃめちゃおもしろかっただろうなと思いました。


[4]

このバージョンの「ばるぼら」は全部で15あって、前半の9章ぐらいまでは1話完結スタイルでとても読みやすかったです。

1話完結で、主人公ハードボイルドで、女性と一緒に暮らしているので同時期に連載していたブラックジャックに少し似ているなと思いました。主人公を手塚治虫さん本人置き換えて読めるという点も共通していると思います。

前半は主に自身異常性欲翻弄されたり、奇妙な事件巻き込まれたりする美倉をばるぼらが助けるというパターンが多いです。

そしてそれぞれのエピソードにはもちろん手塚さん本人の主張やメッセージがちりばめられていると思います。

これ(異常性欲)が作家生活の支えになっている や 作品と僕とを混同しないで欲しい などのセリフからは美倉の体を使って手塚さんがしゃべっているような印象を受けました


[5]

また第6章の「黒い破戒者」では芸術家や作家が政治運動をすることの是非扱っています。

タイトルに戒律破る人という意味の「破戒者」を使っているのでそういう人たちを非難しているエピソードと言ってもいいかもしれません。

個人的には美倉が初恋の女性と船の上で偶然再会する話が好きです。

そのエピソードはサスペンス要素があり二転三転してとてもスリリングなんですが、アーティストがをもらえるようなエンディングになっているので印象に残っています。


[6]

後半は1話完結スタイルではなくなり、退廃的バッドエンド向かっていくような展開になります。示唆的多様な解釈ができるようにも描かれているのでとても読み応えがありました

手塚さんの芸術に対する哲学や自分自身への皮肉苦悩、芸術に殉ずる決意などを感じ取ることができました。

第10章の「ブードゥー」からは急にバルボラの妖艶さ増して芸術の女神魔女のように描かれ始めるんですが、美倉が出版社社長と会話したことがきっかけでばるぼらがいなくなってしまいます。

これを深読みすると、作品をお金に変えることは芸術の女神を裏切ること という解釈もできるんじゃないかなと思いました。


[7]

終盤になるとクライムサスペンスムービーみたいになりシーンがどんどん変わってよりスリリングな展開になっていきます。

下水道さまよっているシーンでは塚本晋也監督の「HAZE」を思い出しましたし、トラックに運ばれて夜の街の明かりが見えてくるコマではジョン・ワッツ監督の「コップ・カー(Cop Car)」のラストシーンを思い出しました。

難解なストーリーをエンターテイメントとしてまとめ上げる手腕やっぱりすごいなと思いました。


[8]

もちろんストーリーだけでなく絵やコマ割り、演出方法も楽しめました。

第9章「狂気の世界」の1コマはいきなり美倉の周りに目が大量発生していてシュールレアリスム絵画のようでしたし、美倉が精神病院の人と会話するシーンはほぼ同じコマが6個並んでいて、しかも病院の人は足しか描かれていないので他人遮断して淡々と話している美倉をとてもうまく表現しているなと思いました。

あと、美倉があらすじを考えているシーンの「そして彼はマリアの不良仲間に・・・殺される」という間の取り方とセリフとばるぼらのカットの挟み方がめちゃめちゃかっこいいと思いました。


[9]

乞食のように都会をさまよっているばるぼらはこの物語の中で芸術の女神と言われたり都会の排泄物と言われたりしています。

あらゆる作品は値段が付けられ経済に組み込まれた瞬間に都会の一部になり芸術の女神から見放される

この作品はそういうシニカルな解釈もできるなと思いました。

気になった方は下のリンク先で第1話を読むことができますのでぜひ見てみてください。

この動画スクリプトとその中の難しい単語の英訳も下のリンク先で見ることができますのでぜひ見てみてください。

ではまた次回お会いしましょう。

じゃねぇ。

_______________________________


[1]

実写(じっしゃ) live-action

公開(こうかい)する release/open to the public

紹介(しょうかい)する introduce


[2]

神様(かみさま) God

~ほど(N3) to the extent that~

生み出す(うみだす) create/produce/generate

~にかけて through/from-till-

連載(れんさい)する serialize

物語(ものがたり) story

著名(ちょめい)な well-known/famous

小説家(しょうせつか) novelist

ぶらぶらする wander around/leas an idle life/stroll around

謎(なぞ)の mysterious

少女(しょうじょ) girl/young lady

出会い(であい) encounter/meeting

徐々(じょじょ)に gradually/slowly

正体(しょうたい) true character/one's identity

明かす(あかす) disclose/reveal

以前(いぜん) before/once

あとがき afterword

~によると(N3) according to~

オペラ opera

得る(える) get/acquire/obtain


[3]

作家(さっか) author/writer/artist

驚く(おどろく) be surprised/astonished

詩人(しじん) poet

全編(ぜんぺん) the whole book[story]

~を通して(とおして) through~

実在(じつざい)する really exist

特別(とくべつ)な special

詩(し) poem/poetry

口ずさむ(くちずさむ) hum/sing to oneself

実際(じっさい)の[に] actual[ly]

出版(しゅっぱん)する publish

解説(かいせつ)する explain/comment

リアルタイム in real time/live

めちゃめちゃ totally/absolutely


[4]

章(しょう) chapter/section/episode

前半(ぜんはん) the first half

1話完結(いちわかんけつ) each episode stands alone/stand-alone

主人公(しゅじんこう) protagonist/main character

ハードボイルド hard-boiled

暮らす(くらす) live/spend (time)

同時期(どうじき)に around the same time

本人(ほんにん) himself/herself

置き換える(おきかえる) replace

共通(きょうつう)する be common/have common with

主に(おもに) mainly/mostly

自身(じしん) self/oneself

異常(いじょう)な abnormal/unusual

性欲(せいよく) sexual desire

翻弄(ほんろう)する play with/lead someone around by the nose

奇妙(きみょう)な strange/odd

事件(じけん) case/affair/incident

巻き込む(まきこむ) involve

それぞれの each/respective

主張(しゅちょう) insistence/opinion

散りばめる(ちりばめる) inlay/stud

支え(ささえ) support

作品(さくひん) work

混同(こんどう)する confuse with/mix up with/mistake

セリフ line/phrase

印象(いんしょう) impression

印象を受ける get the impression


[5]

芸術家(げいじゅつか) artist

政治(せいじ) politics

運動(うんどう) movement/campaign

是非(ぜひ) right and[or] wrong

扱う(あつかう) deal/handle

戒律(かいりつ) religious precept

破る(やぶる) break/violate

破戒(はかい) breaking a commandment

非難(ひなん)する criticize/blame

個人的(こじんてき)に personally

初恋(はつこい) one’s first love

偶然(ぐうぜん)(+に) by chance/by coincidence/by accident

再会(さいかい)する meet again

サスペンス suspense

要素(ようそ) factor/element

二転三転(にてんさんてん)する change again and again

スリリングな thrilling

力(ちから) power/strength/ability/motivation

印象(いんしょう) memory/impression

残る(のこる) be left /remain


[6]

後半(こうはん) latter half/second half

退廃的(たいはいてき)な decadent

バッドエンド bad ending

向かう(むかう) head for/head into

展開(てんかい) development/progressing

示唆的(しさてき)な suggestive/pregnant

多様(たよう)な various/diverse 

解釈(かいしゃく) interpretation

描く(えがく) draw/paint/depict

~応え(ごたえ)がある be worth ~ing

芸術(げいじゅつ) art

~に対する(たいする) toward~/on~

哲学(てつがく) philosophy

皮肉(ひにく) sarcasm/irony

苦悩(くのう) distress/anguish

殉ずる(じゅんずる) devote oneself to/die for/sacrifice oneself

決意(けつい) determination/resolution/decision

感じ取る(かんじとる) perceive/sense/feel/grasp

ブードゥー voodoo

妖艶(ようえん)な fascinating/voluptuous

増す(ます) increase/grow

女神(めがみ) goddess

魔女(まじょ) witch

出版社(しゅっぱんしゃ) publisher

社長(しゃちょう) president (of a company)

きっかけ cause/cue

深読み(ふかよみ)する read into/read too much

裏切る(うらぎる) betray


[7]

終盤(しゅうばん) final stage[phase]/the end

クライム crime

どんどん rapidly/faster/one after another

下水道(げすいどう) sewer/drainage system

彷徨う(さまよう) wander/stray

監督(かんとく) director

明かり(あかり) light/lights

コマ panel/frame [in manga]

難解(なんかい)な difficult/abstruse

~として(N3) as(in the role of)~

まとめあげる compile/bring together/weave/put together

手腕(しゅわん) ability/capability

やっぱり as I thought, /as I expected/definitely

コマ割り(わり) panel layout


[8]

演出(えんしゅつ) production/direction

方法(ほうほう) way/method/means

狂気(きょうき) madness/insanity

~目(め) ordinal number suffix

周り(まわり)[Noun] surround/around

大量(たいりょう) large quantity/massive (quantity)/mass

発生(はっせい)する occur/happen/break out/appear

シュールレアリスム surrealism

絵画(かいが) painting/drawing

精神病院(せいしんびょういん) mental hospital

ほぼ almost /nearly

並ぶ(ならぶ) line up/stand in a line

他人(たにん) others/unrelated person

遮断(しゃだん)する cut off/shut out/block

淡々(たんたん)と dispassionately/unconcernedly/indifferently/detachedly

表現(ひょうげん)する express

あらすじ synopsis/plot/summary

不良(ふりょう) bad guy/delinquent

間(ま) pause/interval/time

間を取る pause

挟む(はさむ) put~between/insert


[9]

乞食(こじき) beggar/begging

排泄物(はいせつぶつ) excrement/discharge/bodily waste

あらゆる all/every 

値段(ねだん) price

値段をつける price[verb]

組み込む(くみこむ) include/incorporate/insert

瞬間(しゅんかん) moment/instant

一部(いちぶ) a part/a portion

見放す(みはなす) give up/abandon/desert

シニカルな cynical

気になる be curious/be interested

方(かた) person(polite form)

リンク先(さき) linked page

動画(どうが) video

スクリプト transcript/script

英訳(えいやく) English translation


I teach Japanese there, too!⬆︎

Support me on Patreon!⬅︎

49回の閲覧0件のコメント