• Naoto

漫画『デビルマン』レビュー 永井豪/Go Nagai


Trial reading (click 無料立ち読み to read)


There are English translations of the underlined words below.


[1]

みなさんこんにちは Naotoです。

今回は僕が最近読んだ名作と言われているマンガを紹介したいと思います。

今回は漫画を見せられないんですが、みなさんも下のリンク先で見ることができますのでぜひ見てみてください。

今回紹介する漫画は永井豪さんの「デビルマン」です。


[2]

まずはウィキペディアに頼りながら作者作品紹介をしたいと思います。

「デビルマン」の作者の永井豪さんは少年漫画の世界にバイオレンス表現取り入れ後続の漫画家に大きな影響与えたと言われています。

またギャグ漫画からシリアスな漫画までいろいろなジャンルを描き多作な漫画家としても知られています。

今回紹介するデビルマンは永井さんの代表作として必ず名前が挙がる漫画で、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンがデーモン戦う話です。1972年から1973年にかけて連載していました。

漫画と同時にアニメも作られていたみたいなんですが、設定やストーリーがだいぶ違うみたいです。

また、2018年にネットフリックスで配信された「デビルマン クライベイビー」 も漫画デビルマンをもとに作られています。


僕が読んだ文庫版は全5で1979年から1981年に描かれた「新デビルマン」と1980年に描かれたアルファベットのデビルマンも本編の一部として収録されています。


[3]

ではここからは簡単なあらすじ感想を話していきたいと思います。

物語主人公 不動明(ふどうあきら)が居候先の娘の美樹(みき)と下校するシーンから始まるんですが、親友の飛鳥了(あすかりょう)が現れ自殺した彼の父が残した遺産受け取ってほしいと言われます。

そして了の家に行きその遺産を見せられ、デーモンから人類を守るためにデーモンと合体してデビルマンになってほしいと言われます。

1巻のあとがきに悪魔のイメージはギュスターヴ・ドレの挿絵によるダンテの「神曲 地獄篇」の中の「氷漬けの悪魔」から大きく影響を受けたと書いてあり、実際に「デビルマン」の中でも悪魔は氷漬けにされていて、了がダンテの神曲について語るシーンも出てきます。

1巻では不動明がデビルマンになるまでが描かれるんですが、不動がデビルマンになる前はラブコメやギャグ漫画っぽいシーンもあったので、一気にシリアスな展開になったときのギャップがすごかったです。

みなさんも下のリンク先でデビルマンの冒頭を見れますので、見てみてください。


[4]

2巻ではいよいよデビルマンとデーモンが戦い始めます。

シレーヌという悪魔と戦うでは不動がそのデーモンに美しさを感じるシーンがとても印象的でした。

デーモンを野生動物のように描くことによって理性がないことは必ずしも醜いことではない」というようなメッセージを表現しているように思いました。

また2巻では、人間だけ自然界のルールから外れているという生徒が出てきたり人間に天敵がいないせいで他の動物が滅びつつあることを不動が考えたりして、単純な勧善懲悪の話では出てこないような深いテーマにも切り込んでいます。


そして2巻の後半では不条理ホラー漫画のような展開になり、不動の身近にいる子どもたちが次々にデーモンとの戦いに巻き込まれていきます。

子供が見るようなアニメでは絶対放送できないような残虐な描写もあり、この世界の不条理さを容赦なく描いていると思いました。

ある悪魔は牛や豚などの生き物を食うのが悪いことじゃないなら悪魔が人間を食うのも悪いことじゃないと言い、人間が人間を殺すのは食うよりも悪いことだと言います。

人類向き合わなければならない問題を鋭く指摘しているセリフだと思いました。


[5]

3巻になると一転して1話完結スタイルになり、タイムスリップして過去のデーモンを探しにいく展開になります。

この部分はデビルマンの本編が終わった後の1979年から1981年の間に描かれた「新デビルマン」だと思います。

ジャンヌ・ダルクやマリーアントワネットなどの歴史的人物の他にサモトラケのニケ題材にした話もあります。

ジャンヌ・ダルクが出てくるエピソードでは戦争を終わらせようとしているジャンヌ・ダルクがいきなりデーモンに捕らえられ、戦争が科学を発展させ、戦争こそ人間に必要だというようなことを言われます。

デーモンのこの言葉ははっきり間違いとは言い切れないとても重い言葉だと思いました。

戦争を欲しているデーモンを軍事産業置き換えて読むこともできるなと思いました。

またこの章では不動明と飛鳥了のボーイズラブ的な描写も少しあり、当時少女漫画の影響を受けているのかなとも思いました。


[6]

4巻からはデーモンが無差別に人間と合体を始め、誰が人間で誰がデーモンかわからない正に地獄のような状況になります。

デーモンの総攻撃を受けた人類は人間の中からデーモンを探し出す魔女狩りのようなことを始めます。

終盤に描かれるのはデーモンではなく人間の醜さです。

未知のものに対する恐怖はよくSFなどでテーマになりますが、この「デビルマン」でもその恐怖によって人間同士争いを始め、破滅へと向かっていきます。

不動明が居候先の美樹を守りきれるかどうかも終盤の焦点の1つになってくるんですが、その結末はぜひ皆さんの目で確かめてください。


[7]

「デビルマン」はの多くの漫画家に影響を与えたと言われているんですが、ビジュアル面でもいくつかの漫画の元ネタになっているのかなとも思いました。

例えば不動明の髪が伸びていくような演出は「ハンターxハンター」のゴンを思い出しましたし、戦闘機のパイロットの体が塩のになるシーンはカネコアツシさんの「SOIL(ソイル)」を思い出しました。

また、エヴァンゲリオンの庵野秀明さんも「デビルマン」から影響を受けたと言っていて、確かにエヴァの劇場版のラストシーンは「デビルマン」から影響を受けているかもしれないと思いました。


[8]

「デビルマン」はあまりにも救いがないという人がいるかもしれないですが、人間の本性やこの世界の不条理さを神話のように描いた素晴らしい作品だと思いました。

この作品を単なるホラー漫画と取るか、予言と取るか、当時の学生が変えられなかった社会の末路を描いた作品と取るか、人それぞれ感じ方が違うと思います。

この動画を見て興味を持ったや「デビルマン クライベイビー」を見て漫画も読んでみたいと思った方はぜひ読んでみてください。漫画でしか味わえない恐怖や興奮体験できると思います。


[9]

今年も僕の好きな漫画や衝撃を受けた漫画をどんどん紹介していきたいと思います。

この動画のスクリプトとその中の難しい日本語の英訳も下のリンク先で見ることができますのでぜひ見てみてください。

ではまた次回お会いしましょう。

じゃねぇ。

__________________

[1]

名作(めいさく) masterpiece

リンク先(さき) linked page


[2]

頼る(たよる) rely on/depend on

作者(さくしゃ) author/writer/drawer

作品(さくひん) work

少年(しょうねん) boy/juvenile

性(せい) (one’s) sex/gender

バイオレンス violence

表現(ひょうげん) expression

取り入れる(とりいれる) incorporate/accept/adopt

後続(こうぞく)の following/succeeding

影響(えいきょう) influence/effect

与える(あたえる) give/present

シリアスな serious

描く(えがく) draw/paint/depict

多作(たさく)な prolific

代表作(だいひょうさく) representative work/one's masterpiece

挙がる(あがる) be listed/be mentioned

悪魔(あくま) devil/demon

デーモン demon

戦う(たたかう) fight/do battle

~にかけて through/from-till-

連載(れんさい)する serialize

設定(せってい) setting/background

大分(だいぶ) a lot/much

配信(はいしん)する stream/broadcast

~を基(もと)に be based on~

文庫(ぶんこ) mass-market paperback/pocket edition

版(ばん) version

~巻(かん) volume~

アルファベット alphabet

本編(ほんぺん) main story/original story

収録(しゅうろく)する include/print/record


[3]

あらすじ synopsis/plot/summary

感想(かんそう) thoughts/impression

物語(ものがたり) story

主人公(しゅじんこう) protagonist/main character

居候(いそうろう) a person who lives off someone else

~先(さき) the place where~

下校(げこう) coming home from school

親友(しんゆう) close friend/best friend

現れる(あらわれる) appear

自殺(じさつ) suicide

残す(のこす) leave/hand down

遺産(いさん) inheritance/legacy/heritage

受け取る(うけとる) receive/get/accept

合体(がったい)する become one/be[come] united

あとがき afterword

挿絵(さしえ) (book) illustration

~による so meone’s~/by~

神曲(しんきょく) Divina Commedia

地獄(じごく) hell

~篇(へん) chapter/volume/compilation

地獄篇 inferno

氷漬け(こおりづけ) putting down in ice

実際(じっさい)の[に] actual[ly]

語る(かたる) narrate/tell/talk

ラブコメ romantic comedy

っぽい(N3) -ish/-like

一気(いっき)に all at once/rapidly

展開(てんかい) development/progressing/scene

ギャップ gap

冒頭(ぼうとう) the beginning/the opening


[4]

いよいよ at last/finally

章(しょう) chapter/section/episode

印象的(いんしょうてき)な striking/impressive

野生(やせい) wild/growing wild

~によって(N3) by means of~/by~

理性(りせい) reason/reasoning/(good) sense

必ずしも(かならずしも)~ない not always~/not necessarily

醜い(みにくい) ugly

自然界(しぜんかい) nature/the natural world

外れる(はずれる) be disconnected/get out of place

天敵(てんてき) natural enemy

滅びる(ほろびる) perish/die (out)/become extinct/be destroyed

~つつある(N2) be doing/be in the process of doing

単純(たんじゅん)な simple

勧善懲悪(かんぜんちょうあく) rewarding good and punishing evil

切り込む(きりこむ) mention/cut one's way/cut into

後半(こうはん) latter half/second half

不条理(ふじょうり) absurdity/unreason

ホラー horror

身近(みじか) near to one(self)/close

次々(つぎつぎ)と[に] one after another

巻き込む(まきこむ) involve/tangle

放送(ほうそう) broadcast

残虐(ざんぎゃく)な cruel/brutal

描写(びょうしゃ) description/depiction/content

容赦(ようしゃ) forgiveness/mercy

容赦なく mercilessly/brutally

ある certain/one

食う(くう) eat

殺す(ころす) kill

人類(じんるい) mankind/humankind/the human race

向き合う(むきあう) face/confront

鋭い(するどい) sharp/pointed

指摘(してき)する point out

台詞(せりふ) quote/line


[5]

一転(いってん)する change completely

1話完結(いちわかんけつ) each episode stands alone/stand-alone

タイムスリップ time travel

過去(かこ) past

部分(ぶぶん) part/section

歴史的(れきしてき)な historical/historic

人物(じんぶつ) character/person

サモトラケのニケ Nike of Samothrace/Winged Victory

題材(だいざい) subject matter/theme

いきなり suddenly/abruptly

捕える(とらえる) catch/capture/seize

発展(はってん)する develop/grow/advance

~こそ(N3) the very~[emphasize]

はっきり(と) clearly/distinctly

言い切る(いいきる) declare/say for sure

欲する(ほっする) want/desire

軍事産業(ぐんじさんぎょう) defense contractor/armaments industry

置き換える(おきかえる) replace

ボーイズラブ BL/boys love

~的(てき) like~/kind of~

当時(とうじ) at the time/then

少女(しょうじょ) girl/young lady


[6]

無差別(むさべつ)な indiscriminate

正に(まさに) indeed/surely

状況(じょうきょう) situation/circumstances

総攻撃(そうこうげき) all-out attack/general attack

探し出す(さがしだす) find (out)

魔女狩り(まじょがり) witch hunting/witch-hunt

終盤(しゅうばん) final stage[phase]/the end

未知(みち)の strange/unknown

~に対する(たいする) toward~/on~

恐怖(きょうふ) fear/dread/horror

SF(エスエフ) science fiction

テーマ theme

~同士(どうし) among~/between~

争い(あらそい) conflict/fighting

破滅(はめつ) ruin/destruction

~切る(きる)(N3) do something completely to the end

焦点(しょうてん) focal point/focus

結末(けつまつ) end/ending/conclusion

確かめる(たしかめる) check/make sure/ascertain


[7]

後(のち)の future~/later~

ビジュアル visual

面(めん) aspect/side/field

元ネタ(もとねた) source (of)/inspiration (for)

伸びる(のびる) grow/get long/extend

演出(えんしゅつ) production/direction

戦闘機(せんとうき) fighter (aircraft)/combat plane

塊(かたまり) lump

劇場版(げきじょうばん) movie version (based on TV series, anime, etc.)


[8]

あまりにも too much/excessively

救い(すくい) help/salvation

救いがない awful/helpless

本性(ほんしょう) true character/real nature

神話(しんわ) myth

単なる(たんなる) mere/simple

~と取る(とる) take it as~/take it ~

予言(よげん) prophecy/prediction

書(しょ) book/handwriting/document

末路(まつろ) last days/the end

それぞれ each/respectively

動画(どうが) video

方(かた) person[polite form]

味わう(あじわう) taste/enjoy

興奮(こうふん) excitement

体験(たいけん) experience


[9]

衝撃(しょうげき) shock/impact

どんどん one after another

スクリプト transcript/script

英訳(えいやく) English translation


I teach Japanese there, too!⬆︎

Support me on Patreon!⬅︎

86回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示